オンラインカジノ

オンカジでブラックジャックを楽しむために

カジノで遊べるゲームの中で思いつく一つとしてブラックジャックがあります。
日本国内でも知名度のあるゲームで、トランプを使うカジノゲームです。
ブラックジャックの場合はディーラーとの一騎打ちのゲーム。
もちろん運が絡んできますが、プレイヤースキルが勝負に大きく影響するのがポイント。
国内外でブラックジャックは人気です。
手札の合計が21に近い方が勝ちというルールですが、実は奥の深いゲームだからこそ世界中で人気なのです。
オンラインカジノでもほぼどこでもブラックジャックで遊ぶことができます。
ここではそんなブラックジャックについて詳しくオンラインカジノで遊ぶ場合に知っておく事を解説していきます。

ブラックジャックゲームの特徴

ブラックジャックはどういう魅力を持っているゲームなのかを確認していきましょう。
世界中で人気なブラックジャックですが、まず理由を3つほどピックアップしました。

ブラックジャックプレイヤースキルが勝敗に影響する

多くの人が熱狂する理由として、運のみで勝敗が決まるのではない点です。
もちろん手元に配られるカードには運もあります。
ですが対する戦略を立て、勝負をするか降りるのかの判断ができるのです。
配られたカードに対してプレイヤーが様々な行動の選択できることが多いので、スキルが勝敗に大きく影響します。
つまり運だけではなく、自分の駆け引きで勝てる確率も変わってくるのです。
また他にプレイヤーがいても、ブラックジャックはディーラーとの一騎打ちなので、こうした戦いが好きという人に向いているゲームでしょう。

ブラックジャックペイアウト率が高い

もう1つ着目したいのがペイアウト率です。
ペイアウト率というのは、賭け金に対してどれだけ戻ってくるのかというものです。
つまり数字が高いほど勝ちやすいゲームと言えるでしょう。
オンラインカジノで遊ぶ人の多くは、お金を儲けたいと考えるはずです。
そして現実とするには勝ちやすさが重要になってきます。
一般的にブラックジャックは、ペイアウト率が98%前後です。
これだけの高い数字になるゲームは多くありません。
ですのでオンラインカジノでも、勝てそうだとブラックジャックは人気なのです。
勝ち負けもわかりやすいですし、初心者でも運だけで勝つことも多少あるので人気なのですね。

ブラックジャックある程度の戦略が確立されている

ブラックジャックは昔からギャンブラーだけではなく、数学者の人たちも攻略法を考えてきたゲームとしても有名です。
一般的に攻略法といえばゲームに関する内容でギャンブル要素が高いと思いがちです。
ですがブラックジャックにはゲームへの参加方法や、プレイの仕方だけではなく、資金管理の方法なども確立されています。
初心者が運だけで勝つということもありますが、あらかじめ知識を学んでおくことによって勝つ確率を高めることができるのです。
ただし絶対に勝てる攻略法ではありません。
ですのであくまでも、勝つ確率を高める方法は絶対ではないということを認識しましょう。
自分なりの攻略法を考える人もいますし、様々な考える余地があることがブラックジャックの人気の一因だとも言えるでしょう。

ブラックジャック オンラインカジノならではの特徴

ブラックジャックにおいて、オンラインカジノならではの特徴はあまりないかもしれません。
ただハウスルールといってカジノ独自のルールがある事もあります。
そのため一般的なルールとは、違う点があるかもしれません。
実際にお金を賭けてプレイする前に、オンラインカジノのルールの確認はしておきましょう。
できれば無料のお試し版をプレイして「このオンラインカジノではこういう風に進んでいくのか」とゲームの雰囲気を掴むことも重要です。

ブラックジャックオンラインならではの遊び方

ブラックジャックのオンラインならではの遊び方として、カウンティングがあります。
カウンティングは、ブラックジャック攻略方法の1つです。
実はオンラインではないカジノでは禁止されています。
端的にお伝えすると、場に出たカードの種類を数えることです。
ブラックジャックはデッキからトランプを配っていくので、場に出たカードを数えていくと、残っているカードが推測できます。
ものすごく記憶力の良い人だと頭で覚えていくのですが、一般的には無理かもしれません。
そこで紙に出たカードを書いていくのです。
一般的にカウンティング行為は禁止となっているのですが、オンラインであれば問題ありません。
画面の前でカードをメモしながら、プレイしていくといいでしょう。
ちなみに簡単なカウンティングでは、絵札と絵札以外を見ておきます。
場に出た絵札が多いのならデッキの中には絵札以外が多くなり、逆に場に絵札が少ないならデッキに多いと推測できるのです。
このようにオンラインカジノではデッキの中にあるカードを、カウンティングで推測できます。

ブラックジャックベット額やリミット額について

実際のカジノであれば、ブラックジャックのベット額は10ドルからスタートとなります。
ですがオンラインカジノではほとんどが1セントからスタートです。
レートによっても価値が違ってくるのですが、日本円の感覚だと1円。
上限のリミット額については、各オンラインカジノで異なるでしょう。
ただ賭けすぎてしまうのが心配という人は、自主的に規制する制度があります。
各オンラインカジノの個人設定に自主規制の項目があり、そこに賭けられる上限の金額にリミットをかけられるのです。
これを解除しない限り、プレイ中にリミット額を超えることはできません。

ブラックジャックボーナスの条件や付与について

実際のカジノではお金をチップに変えても、何かしらの特典がつくことはありません。
ですがオンラインカジノの場合は、入金することでボーナスや特典がつくのも魅力です。
例えば一定の期間内に入金した額に応じて、ゲーム内で使えるコインが配布されたりします。
他にもフリースピンといって、オンラインカジノで最も人気の高いスロットゲームを無料で回せるチャンスが付与されるのです。
オンラインカジノも他のところとの違いを明確に出せるポイントですので、各社ともに力を入れています。
そのためボーナスの条件や付与などを検討項目の1つに入れる人もいるくらいです。

ブラックジャックそれぞれのゲームのルール

では実際にオンラインカジノで行われている、ブラックジャックのルールについて見ていきましょう。
ただしハウスルールといって、カジノ独自のルールが設定されていることもあります。
これは個別ルールとなるので、ここでは除外します。
一般的なブラックジャックのルールについて詳しく解説するので、頭に入れておいてください。

ブラックジャックどうなったら勝ちなのか?

ではブラックジャックは、どうなれば勝ちなのでしょうか。
ルールはとてもシンプルです。
最初にカードが2枚配布され、その数の合計が21になるようにします。
配られた2枚のカードの合計が21に届かなった場合、もう1枚カードを配ってもらうのか、その数字で勝負をするのか決める形です。
ちなみにカードの数の数え方ですが、2~10はそのままで数えます。
JQKの絵札はすべて10として数え、Aについては1か11を選べるのが特徴です。
カードはさらに配ってもらうこともできますが、21を超えてしまった場合は自動的に負けとなります。

ブラックジャックで勝ちの条件をまとめてみましょう。
ディーラーよりも21に近い数字を出す。
ディーラーがバーストする。
最初に配られた2枚で21を出す。
この2枚での21をブラックジャックと呼び、3枚配布で21よりも強い手札になるのです。

次に負けの場合です。
プレイヤー側が21以上の数字を出すと、バーストなり負けます。
ディーラーもバーストした場合は、プレイヤーの負けです。
ディーラーがブラックジャックを出すと、問答無用で負けてしまいます。

同じ数字であった場合は、引き分けです。

ブラックジャック賭け方と配当

次にブラックジャックで勝った場合の配当についても確認します。
基本的にブラックジャックの賭け方は、自分の勝ちに何ドル賭けるのかだけです。
ルーレットのように様々な賭け方があるわけではありません。
ディーラーと勝負をして、どちらが勝つのかを競います。
そして勝った場合の配当は、どんな手札で勝ったのかで決まるのです。
最も強いのが最初の2枚で21を出すブラックジャックになります。
このブラックジャックで勝った場合の配当は2.5倍です。
つまり100ドル賭けて勝負をした時は、250ドルを手にできます。
ブラックジャック以外での勝利だと配当は2倍です。
100ドル勝負だと200ドルという形になります。
引き分けの場合は賭け金がそのまま戻ってくる形です。

ブラックジャックで遊ぶために必要なオンラインカジノ特有の専門用語

ではブラックジャックで使われるゲーム用語を見ていきましょう。
ハンドというのは、自分の手札のことです。
ただあまりこの言葉は使いません。
ヒットはもう1枚カードを追加する時に使います。
スタンドはカードを引くのを止め、現在の手札で勝負することです。
ダブルダウンは賭ける金額を倍にして、もう1枚だけカードを引くことを意味します。
スプリットは最初に配られた2枚のカードが同じ時に使います。
この場合、手札を2つにわけてゲームを続けることができ、それぞれのカードでヒットやスタンドができるのです。
ただしスプリットを使った場合の賭け金は倍になります。
バーストは合計数字が21を超えることです。
インシュアランスはディーラーがオープンにしているカードがAの時に使います。
この場合ブラックジャックが出る可能性が高いため、賭け金の半額をベットしてディーラーがブラックジャックの時に、賭け金が戻ってくる保険のようなものです。
サレンダーは手札が悪い時に、賭け金の半分を代償としてゲームを降りることです。
ただしゲームによってできない場合があるので注意しましょう。

ブラックジャック実際のオンラインカジノの遊び方

ではオンラインカジノでブラックジャックを遊ぶ時の流れを紹介します。

1,最初に遊ぶ台を選びます。
どの台が有利不利はありません。

2,チップを賭けベット数を決める

オンラインカジノなら1セントからプレイでき、いくらベットするのか決めてください。

3,カードが配られる

ベット額が決まったら、ディールと書かれたボタンを押します。
ディールというのはカードが配られることです。

4,ヒットかスタンドを選ぶ

配られた手札を見て、一枚追加するヒットかスタンドを選びます。
この時に先程紹介したスプリットができるなら、選択肢に追加されるでしょう。
後は自分が納得のいく数字でスタンドするか、バーストするまでヒットします。

5,オープン

最終的に勝敗が決まって、勝てば払戻金が出る形です。

ブラックジャック勝率アップするための対策

ブラックジャックで勝率を高める基本的な戦略としては17を基準とすることです。
最初に配られた時点で17以上なら必ずスタンドします。
ディーラーの数字がそれよりも良かった場合は、仕方ないと諦めましょう。
ヒットをした後でも基本的には17が基準です。
逆に絶対にヒットというのは11以下だった場合だと考えてください。
これはどんなカードが出ても、絶対にバーストしないからです。
ちなみにディーラーの見えている手札が6以下であれば、13以上でスタンドした方が勝つ確率が高くなります。
先ほどお伝えした中にインシュアランスという言葉がありました。
賭け金の半分を上乗せすることで、ディーラーの見えている札がAの時に保険がかけられるルールです。
ただこのインシュアランスは、基本的に使わなくてもいいでしょう。
実際にゲームをしてみるとわかりますが、ブラックジャックが出る確率はさほど高くないからです。
他にも基本的な考えとして、ディーラーが伏せているカードは絵札だと思っておくというものがあります。
確率的には52枚の中で16枚なので、およそ3割程度です。
ですので手札としては他のカードである確率の方が高いのですが、負けにくくするためには10と考えた方がいいでしょう。

オンラインカジノでのブラックジャックまとめ

オンラインカジノにおけるブラックジャックの情報をまとめてみました。
ブラックジャックは人気の高いカードゲームで、日本でも高い知名度があります。
ゲームのルールはシンプルで、配られたカードの数字が合計で21になるように進めていきます。
最終的にディーラーよりも21に近ければ勝ちで、21を超えてしまうと負けになると考えてください。
運の要素も絡むゲームですが、プレイヤーのスキル次第では勝つ確率が上げられるのが魅力です。
またディーラーと一騎打ちといった内容なので、こうした勝負事が好きな人にはピッタリでしょう。
ペイアウト率も高いことから、プレイヤー側が勝ちやすいのも特徴です。
そのためお金を稼ぎたいという人にも向いているゲームになります。

-オンラインカジノ

© 2022 エルドアカジノ登録~入金ボーナス・キャッシュバック・ハイローラー注目