オンラインカジノ

ドラゴンタイガーの魅力を語る

ドラゴンタイガーというゲームをご存知でしょうか?
恐らくカジノに興味がない人は、聞いたこともないという人が多いはず。
ドラゴンタイガーはカードゲームの1つで、バカラに似ていると言う人も多いそうです。
バカラはカジノゲームでも特に人気の高いゲームで、それをよりシンプルにしたものがドラゴンタイガーです。
ですので一部の人に大人気で注目されているようですね。
ここではドラゴンタイガーがどんなゲームなのか?どうすれば勝ちなのか?どういった点が人気なのか?
オンラインカジノでも遊べるのか?などについて詳しく調べてみました。

 

ドラゴンタイガー ゲームの特徴

ドラゴンタイガーというゲームの特徴を見ていきましょう。
ドラゴンタイガーは、バカラと似たカードゲーム。
プレイヤー同士で勝負をしたり、ディーラーとプレイヤーの勝負ではありません。
第三者の視点となってドラゴンとタイガーのどちらが勝つのか、あるいは引き分けになるのかを予想していくゲームです。

 

 

初心者でもわかりやすいルール

ドラゴンタイガー魅力としてはシンプルなルールであることです。
バカラをよりシンプルにしたルールとなっていて、初心者でもどっちが勝つのかを予想して賭けるだけですみます。
より詳しくルールを知れば賭け方も豊富にあるのですが、初心者でもわかりやすいルールなのが人気の一つです。

 

ゲームを楽しむために必要なのはカードの強さの序列だけ

ドラゴンタイガーで配られるカードは1枚だけです。
バカラのように2枚目、3枚目といったカードが配られることはありません。
その1枚で決着がつくのですが、ここで知っておきたいのがカードの強さだけです。
といっても特に難しいことはありません。
Aが最弱となり、Kが最強というだけのシンプルな序列です。
ちなみにバカラとは違ってJ~Kはすべて0とするのではなく、11~13と数えるので数字通りの強さだと考えてください。
非常にシンプルなのでカードが表示されれば、すぐに結果がわかるようになっています。
このわかりやすさが人気になっている理由の1つでしょう。

 

展開が早くギャンブル性が高い

ドラゴンタイガーはカード1枚の勝負なので、めくった結果によって、次のカードが配られることはありません。
そのため非常に展開がスピーディーなのが特徴です。
またベットエリアごとに配当が決まっていて、カードの結果で勝っていれば配当があります。
すぐに次のゲームに移っていくため、必要以上に熱くなってしまう人も多いのです。
そのため気がつけば手元の資金がなくなっていたということにもなりかねません。
特に初心者の人ほどシンプルなルールなので、のめり込みやすいので注意しておきましょう。

 

 

オンラインカジノならではの特徴とは

では次にオンラインカジノと一般的なカジノでの、ドラゴンタイガーにおける違いを見ていきましょう。
とは言ってもドラゴンタイガーはアジア圏で人気のゲームです。
そのため世界的に見た場合は、さほど高い知名度を誇っていません。

 

 

オンラインならではの遊び方と言うのがあるのです

 

基本的なゲームの遊び方として、ドラゴンタイガーは一般的なカジノでも、オンラインカジノでも大きな違いはありません。
ただドラゴンタイガーはトランプを8組使って行なうゲームです。
ジョーカーを除く52が8組となるので、合計で416枚のカードを使います。
一般的なカジノではこうしたゲームにおける禁じ手となるのが、カウンティング。
要するに出たカードをメモして記憶する事で数えていく方法になります。
勝率を格段に高めることができるので、一般的なカジノでは禁止なのです。
ですがオンラインカジノであれば、禁止といってもそれを確かめる手段がありません。
カードをカウンティングしながら、ドラゴンタイガーを遊ぶのはオンラインならではと言えるでしょう。

 

 

ベット額やリミット額について

ドラゴンタイガーにおけるベット額やリミット額については各オンラインカジノによって大きく違ってきます。
例えばベット額の最低ラインは、オンラインカジノだと1セントです。
1度に賭けることができる上限額は1万ドル程度でしょう。
どちらもそうした取り扱いが多いというだけで、プレイするゲームの種類によっても最低ベット額などは違ってきます。
プレイする前にしっかりと確認をとっておきましょう。
ちなみにですがオンラインカジノでは、ギャンブル依存症対策で自主規制をかけることができます。
例えば1日に使える額などです。
特にドラゴンタイガーはギャンブル性が高く、熱狂する人が多いので自己資金の管理をしっかりしたい人は、自主規制の機能を上手に使うといいでしょう。

 

 

ボーナスの条件や付与について

実際のカジノとオンラインカジノで大きく違う点として、入金した額に合わせてボーナスがつきます。
例えば初回の入金なら無条件で50%分を上乗せです。
この割合については各オンラインカジノで違います。
初回入金以降は、何ドル入金すれば何割ボーナスといった形です。
またゲームをプレイした時にベットした額が、一定になるとキャッシュバックがつくこともあります。
他にもフリースピンが付与されるケースもあるのです。
フリースピンはスロットゲームを、無料で回せるというチケットになります。
このフリースピンで回した分で、出目が揃った時は当然資金が増えます。
つまり一般的なカジノでは使った額に応じた特典はありませんが、オンラインカジノなら様々なものが用意されているのです。

 

 

ドラゴンタイガーそれぞれのゲームのルール

ドラゴンタイガーのルールについて見ていきましょう。
第三者の視点となって、ドラゴンとタイガーのどちらが勝つのかを予測します。
配られるカードはバカラと違って1枚のみです。
Aが最弱でKが最強となっていて、後は数字が大きくなるほど強くなります。
これがドラゴンタイガーの基本的なルールです。

 

どうなったら勝ちなのか?

ドラゴンタイガーによる勝ちは自分の予測があたった場合です。
基本的にはドラゴンとタイガーのどちらが勝つのか、あるいは引き分けるのかを予測していきます。
ちなみにドラゴンタイガーは引き分けになる確率がかなり低いです。
ですのでドラゴンかタイガーのどちらかに賭けることが多くなるでしょう。
引き分けだった場合、ここに賭けていない時は賭け金の半分が没収され、もう半分は返却されます。
そして引き分けに賭けた場合は各カジノで倍率は違うのですが、概ね9倍程度の配当率になっているようです。
また引き分けについては、スーテッドタイがあります。
同じ絵柄で同じ数字だった場合がスーテッドタイです。
ここに賭けた場合の配当率は、タイよりも高く設定されています。

賭け方と配当について

基本的にはドラゴンかタイガーに賭けますが、この時の配当率は2倍です。
引き分けに賭けることもでき、ドラゴンと引き分けやタイガーと引き分けといったように賭けることもできます。
引き分けの配当率は各オンラインカジノで違っていますが、だいたい9倍程度だと考えてください。
ちなみにドラゴンとタイガーの両方に賭けることはできません。
この他にアウトサイドベットができるケースが多いです。
ドラゴン側かタイガー側で奇数か偶数になるのかを選ぶ賭け方ができ、配当率は2倍になっています。
この賭け方の場合は7が出た時は負けとなり、賭け金が没収される形です。
またドラゴン側かタイガー側かを選んで、スモールかビッグを選ぶのかといった賭け方もできます。
この場合も7を基準としていて、7が出た時は負けです。
この場合も配当率は2倍となります。
最後にスーテッドタイについても見ておきますが、これは同じ絵柄で同じ数字のみに適用されます。
配当率は51倍というのが多いでしょう。

 

遊ぶために必要なゲーム用語(カジノ特有の専門用語)

 

ドラゴンタイガーで使われているゲーム用語を解説します。
ただドラゴンタイガーはシンプルなゲームなので、あまり専門的な用語は使われていません。

ドラゴンとタイガー

プレイヤーが賭ける対象です。
原則としてドラゴンかタイガーにベットします。

オッド

奇数のことを意味します。
ドラゴンタイガーではドラゴン オッドやタイガー オッドと表記されます。

イーブン

偶数の意味を持つことです。
ドラゴンタイガーではドラゴン イーブンやタイガー イーブンと表記されます。
イーブンと聞くと引き分けをイメージするかもしれませんが、引き分けはタイと表記されるので注意してください。

スーテッドタイ

同じ絵柄、同じ数字が出て引き分けになることです。

 

実際のオンラインカジノの遊び方について詳しく

では実際にオンラインカジノにて、ドラゴンタイガープレイする時の流れを確認していきましょう。

1,台を選ぶ

まずはプレイするドラゴンタイガーの台を選んでください。

2,ベット

台を選ぶと、どこにベットするのかを選択する画面になります。
ドラゴンかタイガーにベットする以外にも、引き分けやアウトサイドベットを行なってください。

3,ディールボタンを押す

ベットが終わると、ディールというボタンを押します。

4,結果が出る

カードが配られるので、そこで結果が出ます。

最近ではオンラインカジノの中でも、ライブドラゴンタイガーを取り扱っている場合があるのです。
ライブというのは実際のカジノと中継をして、ディーラーがゲームを進行してくれる形式になります。
この場合はベットするための時間が決まっていますので、長い時間をかけることはできません。

 

 

ドラゴンタイガーで勝率アップするための対策ってある?

ドラゴンタイガーで勝率をアップするための方法は、大きく分けて3つあります。
マーチンゲール法、バーレー法、罫線を使う方法です。
この3つの方法をそれぞれに紹介しておきましょう。

 

有名なマーチンゲール法

マーチンゲール法はカードゲームでは鉄板の攻略方法です。
ドラゴンタイガーにはお勧めの方法です。
連敗をしている時に使う方法で、負けた時は前回の倍額をベットします。
次の勝負でも負けたら倍、さらに負けたら倍と賭けていくのです。
勝った場合はリセットしてください。
どこまで連敗するのかにもよるのですが、理論上は負けがありません。
これまで負けた分は2倍以上の配当率だと、一発で取り戻すことができます。
ドラゴンタイガーではマーチンゲール法だけに頼るのではなく、罫線を使う方法と合わせると効果的です。
勝った時のメリットは大きいですが、負け回数によっては多額の資金が必要となるため、資金の乏しい人には向きません。
い。

罫線を使った方法

罫線を使った攻略法はバカラで有名でしょう。
ドラゴンとタイガーの勝ち負けを表にしたもので、場の流れがどういう状況にあるのかを分析してベットする方を考えます。
この罫線を読み解く力をつければ、さらに賭ける幅が広がるでしょう。
主に4つの見方があるのですが、最も代表的なのが大路と呼ばれるものです。
オンラインカジノでは順張りする人も多いので、この罫線を使った攻略法を覚えておいて損はありません。

ドラゴンタイガーについてまとめます

アジア圏のカジノで人気のゲーム、ドラゴンタイガーについての情報でした。
世界的に人気なカードゲームの1つにバカラがあります。
このバカラをよりシンプルにして、ギャンブル性をアップさせたのがドラゴンタイガーです。
第三者の視点となってドラゴンとタイガーのどちらが勝つのか、或いは引き分けるのかを予想して賭けるゲームになります。
バカラと違って配られるカードは1枚のみで、その数字の大小によって勝負が決まるというシンプルな仕組みです。
ルールを知らない初心者であっても、どちらかに賭けるだけなのですぐに楽しめるようになるでしょう。
ギャンブル性が高いことから、熱狂する人も少なくありません。

-オンラインカジノ

© 2021 エルドアカジノ登録~入金ボーナス・キャッシュバック・ハイローラー注目